2021.12.27

02.上海飯店/有田町


こんにちは!佐賀県地域おこし協力隊ネットワーク(通称SCN)の佐々木です。Food SAGAというコンテンツができたということで、僕からも1つ紹介させていただきますね。

僕が紹介するのは、有田町にある「上海飯店」です。料理ではなくお店。有田のソウルレストランというか、心のオアシスというか、ぽっちゃり製造工場というか。有田は佐賀県の最西部にありますが、このお店でランチを食べるためにわざわざ車で1時間以上かけて来る強者もいるほど、このお店の吸引力は強力です(主に、ガタイのいい男性に)。ここに来たら食べて欲しいのは、アツアツが最高に旨い「なすのごまだれ」。ニンニクの香ばしさとサクサク感が病みつきになる「鶏の唐揚げ」もマストかな。実は「ジンギスカン焼」が凄いんですよね…。鉄板の上でタレがジューーっと大きな音を立てて、羊肉と野菜に絶妙にからむんです。そして、ここだけの話ですが、僕が1番好きなのは「辛みそラーメン」。どのラーメン屋のラーメンよりも僕は好きだなあ。ちなみに、注文には注意が必要です。まず、1人で行くのはおススメしません。1つの料理が大量なので、食べきれるか不安です。できれば、4人以上で行きましょう。そして、その中に1人だけ大飯食らいを入れておくと、最後まで残さずにいけるはずです。さらに、あなたの運が良ければ、チャーハンなど他のお客さんが注文して作った料理の余りを、店主のお父様が気前よくプレゼントしてくれますよ。

ランチを終えて職場に戻ると、大きな満足感と軽い罪悪感(そして、強い眠気)が必ずと言っていいほど訪れます。だけど、1週間もすればまた行きたくてしょうがなくなる。
きっと、あなたも虜になるんじゃないかな。

Profile

佐々木元康

佐賀県地域おこし協力隊ネットワーク 共同代表,特定非営利活動法人灯す屋 代表理事

1983年佐賀県有田町生まれ。大学院卒業後、関東の製薬会社へ就職。2015年、有田町地域おこし協力隊としてUターン。空き家・空き店舗の活用推進と移住・定住支援を柱として活動。シェアアトリエ&シェアハウス「コネル」や空き店舗活用イベント「うちやま百貨店」の企画・運営を行う。2018年、NPO法人灯す屋を設立。『まちの未来にあかりを灯す』を合言葉に、銘菓復活やふるさと納税など様々な角度からまちづくりに奮闘している。

佐々木さんの記事を読む

Topページへ